Vietnam 2018

 

MIDORI, violin

The violinist Midori is a visionary artist, activist and educator whose unique career has transcended traditional boundaries. Since her 1982 with the New York Philharmonic, she has concertized widely in the United States, Europe and Asia. She is also a noted global cultural ambassador and dedicated music educator.

Midori has performed with most of the world’s great orchestras, such as the Berlin Philharmonic and the Vienna Philharmonic, sharing stages with legendary conductors, including Leonard Bernstein, Claudio Abbado and Mstislav Rostropovich.

Midori’s dozens of CDs include a 2013 Grammy Award-winning recording of Hindemith’s Violin Concerto with Christoph Eschenbach conducting the NDR Symphony Orchestra. More recently, the two-CD set of her interpretation of J.S. Bach’s Sonatas and Partitas for Solo Violin was released to wide acclaim.

For more than 25 years, Midori has founded and led various non-profit organizations that provide music education and the musical experience to young people and underserved communities around the world, including in Asia, where the International Community Engagement Program brings musical presentations and cultural exchange to a different country every year.

Midori was born in Osaka, Japan in 1971. She currently lives in Philadelphia, where she is a member of the violin faculty of the Curtis Institute of Music. Since 2007 she has served as a United Nations Messenger of Peace. A recipient of an honorary doctorate from Yale University, in 2012 she received the Crystal Award from the World Economic Forum in Davos, to go with her many other honors.

 

Tatjana Roos, violin

Violinist Tatjana Roos has been making a name for herself since age seven, when she recorded Massenet’s “Meditation” as part of a museum show by the Turner Prize-winning artist, Gillian Wearing. A native of London, her first live performance was at age ten, as a soloist at Singapore’s world-famous Yong Siew Toh Conservatory. Tatjana studied at the Royal Academy of Music (Junior Department), and the prestigious Yehudi Menuhin School of Music. She since studied at other leading international institutions, including Austria’s Universität für Musik und darstellende Kunst, at Junior Guildhall, London, and at the New England Conservatory of Music, under the tutelage of Miriam Fried.

Roos has been winning competitions around the world since 2010, when she received First Prize at Italy’s Andrea Postacchini International Violin Competition, also winning prizes at the Royal Tunbridge Wells International Music Festival (U.K.), Henri Marteau International Violin Competition (Germany) and as a semi-finalist at the 2018 Singapore International Violin Competition.

Tatjana has participated in such major festivals as the Verbier Festival Academy (Switzerland), IMS Prussia Cove (UK), and at the Ravinia Steans  Music Institute. She has recently performed concertos with the City Chamber Ensemble (UK) and the Odessa National Opera Theater Orchestra (Ukraine). She has studied and performed with such masters as Menahem Pressler, Kim Kashkashian, Ana Chumachenco, Pamela Frank, and Midori Goto.

 

Charlotte Malin, viola

The violist Charlotte Malin is currently Principal Viola of the Hudson Valley Philharmonic. She is a 2017 recipient of a Master of Music degree from the New England Conservatory of Music, where she studied with the internationally respected Kim Kashkashian. She previously graduated from Northwestern University with a Bachelor of Music degree in violin performance, but later fell in love with the viola.

A young professional, Charlotte has already performed with such leading American orchestras as the Hartford Symphony Orchestra, the Civic Orchestra of Chicago, and the New World Symphony in Miami. She has participated in concerts at the Newport Music Festival, the Peninsula Music Festival, with the Berkshire Chamber Players, with Fest’ Inventio in Paris, and has been a three-time Fellow at the world-renowned Tanglewood Music Center. She appeared as a soloist with the Northwestern Symphony and the Chamber Orchestra, was a member of the New England Conservatory’s Chamber Orchestra, and won a fellowship with the Far Cry chamber orchestra.

 

Alan Toda-Ambaras, cello

Cellist Alan Toda-Ambaras performs around the world as both a soloist and a chamber musician. The recipient of both a Bachelor’s degree in History of Art and Architecture from Harvard University and a Master of Music degree from the prestigious New England Conservatory of Music, he was named the Most Promising Contestant of the 2005 Rostropovich International Cello Competition in Paris.

Toda-Ambaras has performed with Yo-Yo Ma and other members of the innovative “world music” Silk Road Ensemble, along with other important groups such as the Borromeo Quartet and the Chamber Music Society of Lincoln Center. He has appeared as a soloist with the North Carolina Symphony, and has participated in the Taos Music Festival and New Hampshire’s Halcyon Festival.

Alan Toda-Ambaras’s media appearances include performances on America’s National Public Radio, New York’s WKCR, Boston’s Neighborhood News Network, and also French television. Leading contemporary composers write their newest creations for him to premiere, such as Trevor Bača’s “Huitzil” for solo cello, and Stephanie Ann Boyd’s “Tekton” Cello Concerto. He is the co-founder of the wide-ranging Project LENS and co-founder, CEO, and cellist for the Eureka Ensemble, a new social action-oriented Boston music organization.

 

 

五嶋みどり(ヴァイオリン)

ヴァイオリニスト五嶋みどりは、従来の音楽家という枠を超えた独創的なヴィジョンをもったアーティストである。1982年にニューヨーク・フィルハーモニックとの共演でデビューして以来、米国、ヨーロッパ、アジアで幅広くコンサート活動を行い、世界の文化交流を図り、また音楽教育者としても世界的に知られている。

これまでベルリン・フィルやウィーン・フィルをはじめとする著名なオーケストラやバーンスタイン、アバド、ロストロポーヴィチなど音楽史上に残る指揮者とも共演。

第56回グラミー賞(2013年)受賞の「ヒンデミット作曲ヴァイオリン協奏曲(クリストフ・エッシェンバッハ指揮NDR北ドイツ放送交響楽団共演)」など数多くのCDがリリースされている。中でもJ.S.バッハによる「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲集」の演奏は他に類を見ないと評される。

五嶋みどりは多忙な演奏活動と両輪に、文化・芸術の振興、交流を目的とした様々な非営利団体を創設。25年以上にわたり子どもたちや社会的弱者に本物の音楽を届ける活動を先導し、情熱を注ぐ。特にアジアでは、選ばれた優秀な若手音楽家と共にICEP(インターナショナル・コミュニティー・エンゲージメント・プログラム)を実施。文化交流のみならず、社会活動の啓蒙に余念がない。

1971年大阪生まれ。2018年よりカーティス音楽院にて教鞭をとる。2007年より国連ピース・メッセンジャー。イェール大学名誉博士号受称。2012年にダボス世界経済フォーラムにて、世界の相互理解や平和に貢献した文化人に贈られる「クリスタル賞」など、賞歴多数。米国フィラデルフィア在住。

 

タチアナ・ルース(ヴァイオリン)

ロンドン出身のヴァイオリニスト、タチアナ・ルースは7歳のとき、ターナー賞受賞アーティスト、ジリアン・ウェアリングのミュージアム・ショーでマスネ作曲”タイスの瞑想曲”を録音し、一躍有名になった。10歳でシンガポール国立大学音楽学部「ヨン・シュー・トー音楽院」にてソリストとしてデビュー。王立音楽院(ジュニア部門)と名門ユーディ・メニューイン音楽学校で学んだ後、オーストリアのウィーン国立音楽大学、ロンドンのジュニア・ギルドホール音楽院、ニューイングランド音楽院などで研鑽を重ねた。

賞歴としては、アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(イタリア、2010年)での1位をはじめ、ロイヤルタンブリッジウェルズ国際音楽祭(イギリス)、アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール(ドイツ)でも受賞し、シンガポール国際ヴァイオリンコンクール(2018年)ではセミ・ファイナルに出場した。

また、ヴェルビエ音楽祭(スイス)、IMSプロシア・コーブ(イギリス)、ラヴィニア音楽祭(米国)などの主要フェスティバルに参加。最近では、ソリストとしてCity Chamber Ensemble(イギリス)とウクライナ国立オデッサ歌劇場管弦楽団と協奏曲を共演。これまでミリアム・フリード、メナヘム・プレスラー、キム・カシュカシャン、アナ・チュマチェンコ、パメラ・フランク、五嶋みどりらに師事。

 

シャーロット・マリン(ヴィオラ)

ヴィオリストのシャーロット・マリンは、米国ノースウェスタン大学をヴァイオリン専攻で卒業後、ヴィオラに転向し、著名な指導者のキム・カシュカシャンの下で研鑽を積み、2017年にニューイングランド音楽院の修士号を取得。現在ハドソンバレーフィルハーモニックの首席ヴィオリストを務める。

これまでにハートフォード交響楽団、シカゴ・シビック・オーケストラ、マイアミのニュー・ワールド交響楽団といった米国のオーケストラと共演。米国ニューポート音楽祭やペニンシュラ音楽祭では、バークシャー・チェンバー・プレーヤーズやFest’ Inventio in Parisらとも演奏し、タングルウッド音楽センターのフェローには3回選ばれている。また、ノースウェスタン交響楽団・室内管弦楽団のソリストとして出演。ニューイングランド音楽院の室内管弦楽団のメンバーで、ファークライ室内管弦楽団のフェローシップを受けた若手演奏家である。

 

アラン・トダ-アンバラス(チェロ)

パリのロストロポーヴィチ国際チェロコンクール(2005年)で新進奨励賞を受賞したチェリストのアラン・トダ-アンバラスは、ソリスト・室内楽奏者として世界を舞台に活躍を続けている。ハーバード大学にて美術史と建築学の学士号を、ニューイングランド音楽院では音楽の修士号を取得。

ヨーヨー・マをはじめとするシルクロードアンサンブルやボロメーオ・カルテット、リンカーン・センター室内楽協会などのメンバーと共演。これまでにノースカロライナ・シンフォニーにソリストとして出演。米国のタオス音楽祭やハルシオン音楽祭にも参加。

アランの演奏は米国ナショナル・パブリック・ラジオ、ニューヨークのFMラジオWKCR、ボストンのケーブルテレビNeighborhood News Network、フランスのテレビでも放送された。新進気鋭の現代作曲家たちから作品を献呈され、Trevor Bačaの“Huitzil”(チェロ独奏曲)、Stephanie Ann Boydの“Tekton”(チェロ協奏曲)などを初演。また演奏活動だけにとどまらず、クラシック音楽と他分野との協同研究組織「Project LENS」を共同設立し、ボストンでは社会活動を目的とし創設した「Eureka Ensemble」を運営し、幅広い活動を行っている。