India

 

Read More About Our ICEP 2017 India Tour Members Below

 

Midori, violin

The internationally acclaimed violinist Midori is a visionary artist, activist and educator whose relentless drive has spurred her to explore and build connections between music and the human experience. Since her debut, with the New York Philharmonic, at age 11, under the baton of Zubin Mehta, Midori has soloed with many of the world’s leading orchestras and conductors, including the Berlin Philharmonic, Vienna Philharmonic, and London Symphony Orchestra. Her numerous CDs and DVDs include a 2013 Grammy Award-winning disc. Midori, who is Japanese-American, has founded various not-for-profit organizations, bringing highest quality instruction and performances to schools, hospitals, and difficult-to-access communities around the world. For such commitments, she has been named a UN Messenger of Peace, while in 2012 receiving the Crystal Award from the World Economic Forum in Davos. Midori, who received an honorary doctorate from Yale University, is currently a Distinguished Professor of Violin at the USC Thornton School of Music, and has served as a Humanitas Professor at Oxford University.
www.GoToMidori.com; http://www.intermusica.co.uk/artist/Midori


Elina Buksha
, violin

Winner of the 2012 Latvian Great Music Award, Elina Buksha is considered one of her nation’s leading younger violinists. A student at the Hochschule für Musik und Theater München, she has performed at such festivals as the Festival de Wallonie (Belgium), the International Music Festival in Yaroslavl (Russia), Rheingau Musik Festival (Germany), and the Rencontres Musicales d’Évian (France). Since her debut with the Liepaja Symphony Orchestra at the age of twelve, she has performed with the Latvian National Symphony Orchestra, Sinfonietta Riga, Sinfonia Varsovia, the Orchestre Philharmonique Royal de Liège, and the Kansai Philharmonic Orchestra, among others. Ms. Buksha has recorded Saint-Saëns and Lalo violin concerti for the Alpha Label. http://musicchapel.org/elina-buksha/


Benjamin Beck
, viola

Benjamin Beck, the first principal violist of the Gärtnerplatz Theater in Munich, was a student at the Conservatoire national supérieur de musique et de danse de Paris (CNSMDP) and subsequently at the New England Conservatory of Music. He also studied for an Artist Diploma from the CNSMDP, and is a graduate of the Sorbonne, with a degree in Musicology. He won both first and special prizes in the international competition in Llanes, Spain (“Villa de Llanes”), and was since awarded in Epernay (France), the Forbesfest Competition (in St. Andrew, U.K.), and Beethoven’s Hradec Competition (in the Czech Republic). His first solo recording is entitled L’alto et la voix. http://benjaminbeck.fr/


Stanislas Kim
, cello

A native of Courbevoie, France, the cellist Stanislas Kim is a graduate of the Hochschule für Musik, Theater und Medien Hannover, and is currently pursuing postgraduate studies with Leonid Gorokhov in Hannover. In 2011, he won the Gundlach Music Prize and received the Maggini Foundation Award and a special prize for his interpretation of Bach’s Cello Suites. He is laureate of the International Johannes Brahms Competition in Austria and the International Hindemith Competition in Berlin, and in 2014 was a prizewinner at the 8th Swedish International Duo Competition, together with the pianist Marie Rosa Günter. He is engaged as a soloist with the NDR Radiophilharmonie, to be conducted by Andrew Manze later in 2018. https://www.stanislaskim.com/


Paul Müller-
Hahl, videographer

Paul Müller-Hahl is a film documentarian whose studies of philosophy, arts and media have led him to a career telling the stories of “ordinary” people and places, finding the beating heart of society in the lives that fit together in remarkable dimensions. One early work, Ein Heim in Wald, shed light on the treatment of asylum seekers before the convulsive migratory crisis of recent years. The recipient of a Master of Arts degree from the Bauhaus University, Weimar, he and a partner formed Lichtbilder Filmproduktion in 2011, to document classical music performance, while examining that world from a variety of perspectives. http://www.lichtbilder-filmproduktion.de/

 

五嶋みどり(ヴァイオリン)

11歳でニューヨーク・フィルとの共演でデビュー以来、世界のトップヴァイオリニストとして著名な音楽家と共演を重ねる。世界で年約100回のコンサートに出演する傍ら「認定NPO法人ミュージック・シェアリング」など日米で4つの団体/プログラムを設立し、音楽家による社会貢献活動のモデルとして25年以上先導的な役割を果たしている。現在 、カーティス音楽院で教鞭を執る傍ら、南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校をはじめ世界主要音楽院や夏期講習のマスタークラスなどで後進の指導にあたる。07年より国連ピース・メッセンジャー。ソリストとして参加した「ヒンデミット作品集」は第56回グラミー賞最優秀クラシック・コンペンディアム賞を受賞。使用楽器はグァルネリ・デル・ジェス「エクス・フーベルマン」(1734年作)
http://www.gotomidori.com/


エリーナ・ブクシャ
(ヴァイオリン)Elina Buksha

クラシック専門誌『The Strad』は「物語を奏でるような深い表現力」、「洗練された技巧と独創的な演奏」と称賛。2012年大ラトビア音楽賞では栄えある最優秀新人賞に輝き、若い音楽家たちの中でも活躍が期待されている。1990年ラトビアに生まれ、5歳の時にヴァイオリンを始める。その後オーギュスタン・デュメイやアナ・チュマチェンコらに、現在はクリストフ・ポッペンに師事。マリア・ジョアン・ピリス、ゲイリー・ホフマン、モディリアーニ弦楽四重奏団、他多くのアーティストらと共演。エリザベート王妃音楽教会より貸与された1723年製の名器ドメニコ・モンタニャーナを使用し、音楽以外では香料、詩と絵画の制作に情熱を注ぐ。http://musicchapel.org/elina-buksha/


ベンジャミン・ベック
(ヴィオラ)Benjamin Beck

ミュンヘンのゲルトナープラッツ劇場の第一首席ヴィオリスト。パリ国立高等音楽・舞踊学校にてジャン・スレムに師事、ニューイングランド音楽院を経て、アカデミストとしてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で演奏。またソルボンヌ大学で音楽学の学位も取得。賞歴は数多く、リャネス(スペイン)の国際コンクールでは優勝と特別賞を受賞。ドイツやフランスでソリストとしても活躍し、室内楽奏者としてはパリのサル・プレイエル、東京の読売ホール、ベルリン・フィルの室内楽ホール、ボストンのジョーダン・ホールなどでクリスチャン・テツラフ、キム・カシュカシャンといったアーティストらと共演。2015年に初ソロ・アルバム「L’alto et la voix」をリリース。
http://benjaminbeck.fr/


スタニスラス・キム
(チェロ)Stanislas Kim

フランス・クールブヴォア出身のチェリスト、スタニスラス・キムは、ハノーファー音楽演劇メディア大学を卒業後も大学院でレオニード・ゴロコフに師事し、研鑽を重ねる。ブラームス国際コンクールなど多くの国際コンクールで栄誉ある賞を受け、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、ヴュルツブルク・バッハ音楽祭やベルゲンのグリーグ音楽祭に出演。ソリストまた室内楽奏者としてヨーロッパやアジアの国々に定期的に招待されている。2018年後半にはソリストとしてアンドルー・マンゼ指揮ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団と共演予定。
https://www.stanislaskim.com/


パウル・ミュラー-ハール
(ビデオグラファー)Paul Müller-Hahl

映像作家。哲学、芸術、メディアを専攻し、ワイマール・バウハウス大学にて修士号を取得。これまでに制作した南米の元ストリートチルドレンや難民問題など社会問題を取り扱った作品は高い評価を受けている。多様性社会に生きる市井の人々に焦点を当てた作品を制作する傍ら、2011年にはクラシック音楽のドキュメンタリー制作会社を設立。また世界の映画祭やコンサート収録のコンサルタントも行っている。
http://www.lichtbilder-filmproduktion.de/

 

 

 

Advertisements