A Lesson From Childhood; Khmer Dining Experiences – by Midori / 子供の頃からの教訓;クメールのダイニング体験 – 五嶋みどり

A Lesson From Childhood; Khmer Dining Experiences
Blog entry by Midori

My mother used to tell me as a child that I should not speak from just my mouth. This teaching resonates within me in every corner of my life, from music to conversation. In music, a simply-said, serious challenge: approaching it with sincerity and passion and not just as routine, always striving to get deeper than just the surface.

We are pretty much at the end of our Cambodian stay, and we have fallen in love with Khmer cuisine. I am a very casual cook and the meals we have had here have been inspiring me, and I cannot wait to start experimenting once I get home, with new tastes and textures. I am not the only one enjoying Khmer food. We all are, with the papaya salad, Amok, Khmer curry, sauteed cashews, frogs, etc. Erika ventured us into frogs; Elina with her Amok, Noemie with her daily curry…and of course, we supplement our day with a dose of coconut water, freshly opened at a stall.

While every meal is fun, a couple went beyond that. It somehow became so clear that whoever had been in the kitchen was excited about what was being prepared. I can’t put a finger on exactly what it is, but the energy is clearly there. Presented with this food, we sense inner spirit being tickled as an underlying excitement perculates. And without being able to name what it is, the experience is memorable–most likely it will stay with me for a long time, if not for the rest of my life. I am guessing that the memory of that taste will fade at some point, but that sensation, that got awakened in those memorable meals, will probably never desert me.

Isn’t this what our activities are also about? Children (and adults) will quickly forget (or maybe they never even learned) about us, our instruments, or the names of our composers. However, that sensation of curiosity, stimulated by our energies and passion will tickle something in our listeners–at least that is what we are hoping, because I know such experiences inspire my life toward something more, something that will grow.

 

 

子供の頃からの教訓;クメールのダイニング体験
五嶋みどり

母は私が子供の頃、「口先だけでしゃべらないように」とよく言っていました。この教えは、音楽から会話に至って、私の人生の隅々で共鳴します。音楽をする上に当然のこととして要求されることは、つまり、シンプルに言えば、心を込めた誠実さと情熱を持ってそれ(音楽)にアプローチし、単に何度も繰り返すのではなく、常に表面的に限らず、内面を捉えるように努力することだ、と。

私たちのカンボジアの滞在もほとんど終わりに近づき、すでに私たちはクメール料理のとりこになってしまっています。私は割合と気楽に料理にチャレンジするのが好きなのですが、カンボジアでの食事経験を活かしたものを自宅で造ってみるのが楽しみです。クメール料理を楽しんでいるのは私だけではありません。私たちは皆、パパイヤサラダ、アモック(魚のココナッツミルク煮のようなもの)、クメールカレー、カシューの炒めもの、カエルなどをたしなみました。エリカは私たちをカエル料理に誘い込んだし,エリナはアモックに、ノエミーは……毎日必ず一回はカレー、というふうに、そしてもちろん、私たちは屋台で買って、割ってもらいその場で飲むココナッツウォーターは毎日の課題から欠かせません。で私たちの一日の水分補給もします。

食事の時間はいつも楽しいですが、いくつかは通常の楽しさを越した経験をしました。どういうわけか、料理をつくっている人の情熱がとてもこちらに伝わってくるのです。私はそれがどうしてなのかと正確に指摘することはできませんが、差し出された料理には、彼らのエネルギーが明らかにその料理の根底に存在します。そして、その味の記憶や名前はある時点で忘れたとしても、食事に出会った時の感覚は、おそらく私の記憶から一生離れることはないでしょう。

私たちの活動もそうではないでしょうか。子供たち(や大人たちも)すぐに私たちのことを忘れ、私たちの楽器についても、また私たちが演奏する曲の作曲家の名前を忘れるでしょう(いや、彼らは初めから学んでいなかったのかも)。でも、私たちのエネルギーと情熱による刺激か何かが聴衆の好奇心を手づかみにするのでしょう。この現実こそを私たちは望んでいるのです。何故なら、そのような彼らの経験が刺激のある人生成長期にあって何かに向かうことを後押しするのだということを確信するからです。