The Christmas Miracle – by Elina / クリスマスの奇跡 – エリーナ

The Christmas Miracle
Blog entry by Elina

Travelling and touring are always full of adventures. Funny things and situations occur almost all the time and it definitely keeps up the spirits!

But when things get lost, it’s not funny. Having participated in ICEP India and Japan in 2017 and 2018, I still can recall the chills that run when someone suddenly asks “oh, have you seen my bag?”

One assumes that there is a huge difference between India, Cambodia and Japan. In Japan, one really feels safe and assured that any left item in a cafe or a train, will be found and returned. Our expectations in countries like India or Cambodia are, of course, the total opposite, which proved to be completely wrong.

Yesterday, I forgot two (!) music stands in a local tuk tuk in Battambang on our way to KnK. When I discovered this huge problem, my first thought was…”we ARE in Trouble”. And my colleagues were already quickly making alternate plans, which included buying new stands upon our return to Phnom Penh in the evening, and who will take the responsibility for the cost of it (me). “Probably we will never see those well-travelled ICEP stands ever again”, I thought to myself…but some inner voice told me that I should try calling the cab company to locate the driver.

After KnK, we returned to our ho(s)tel, and I was surprised how quickly everything followed. The hotel staff was very helpful and called the cab company’s head office first in Phnom Penh, followed by a call to its Battambang office. And within an hour the smiling driver (or so he appeared to me) was at the the hotel with our music stands. I really find it quite miraculous! Battambang is the second largest city in Cambodia and how many people and tuk tuks are in this urban center! So three lessons learned: 1) never give up no matter how unrealistic it seems at first; 2) don’t let presuppositions rule; 3) believe that miracles do exist 🙂

 

 

クリスマスの奇跡
エリーナ・ブクシャ

旅行とツアーはいつも予期せぬ出来事でいっぱいです。おかしなことばかり起こるので、断然活気づけられます!

でも何か失くしものをしたときは別です。私はICEP2017インドとICEP2018日本にも参加しましたが、誰かが「あれ、僕のバッグどこかで見なかった?」と訊いてきたとき背筋に走った悪寒は今でもありありと思い出せます。

インドとカンボジアと日本では大きな違いがある、と思い込まれていると思います(私も含めて)。日本ではカフェや電車に忘れ物をしても戻ってくるだろうと思い、安心して過ごせます。でもインドやカンボジアのような国では正反対、と私も思っていましたが、これがただの思い込みに過ぎないことが分かりました。

昨日KnKに向かう途中、私はバッタンバンのトゥクトゥクに譜面台を2台(!)忘れてしまいました。この大失態に気づいたとき、私は最初にこう思いました……「さあ、これは一大事!」。まもなく他のメンバーたちは、譜面台をもう絶対に出てこないものと決めつけて、次の手段をどう取るべきかと話し合っています。そのうちの一つは、今晩プノンペンに戻ったら新しい譜面台を買おうというものでした。でもそのお金はだれが払うのでしょうか(私です)。「あの旅慣れたICEP用の譜面台は、多分もう二度と見ることがない」と、私も思いました……が、その反面、さっきの運転手をなんとか見つけれるようにタクシー会社へ電話すべきじゃないかしら、とも思いました。

でもKnKでのコンサートを終えた後、ホテル(ホステル)に戻り、手配を進めだすと驚くほどトントン拍子で片付いていったのです。ホテルのスタッフはとても親切に、まずはそのタクシー会社のプノンペン本社に、それからバッタンバン支社に電話をかけてくれました。そして1時間もしないうちに笑顔の運転手(私にはそう見えました)が譜面台2台を持ってホテルに現れたのです。これは本当に奇跡です! バッタンバンはカンボジアで2番目の大都市で、その中心部をどれほど多くの人やトゥクトゥクが行き来していることか! このことから学んだ3つの教訓:1)最初はどれほど非現実的に思えても決して諦めないこと。2)思い込みに囚われないこと。3)奇跡は存在すると信じること 🙂