Recap of the Last Few Days – by Midori / ここ数日を振り返って – 五嶋みどり

Recap of the Last Few Days
Blog entry by Midori

We are on the 4th day of activities in Cambodia. These days have been ones of contrasting settings. Being near a fashionable Royal Palace neighborhood of Phnom Penh then on a road by the dump site; sitting on the idyllic river bank of Mekong to a chilling confrontation with savage violence at the Genocide Museum.

We have been stationed in Phnom Penh until today, and have now left the capital city for a few days. Through partnerships and visits with Wat Opot, Japan Heart Medical Center, CCF, CHOICE Cambodia, Liger Academy, AAR Japan,. and New Hope for Cambodian Children, there have been wonderful experiences thus far. Children seem radiant, much more confident and poised than those I remember meeting the last time I was here, about 12 years ago. Of course, that was Cambodia back then, and now it is 2019. Traffic in Phnom Penh seems to be exploding and the internet is readily available more than what I would normally like to have.

Tonight, after the end of our official activities, we will eat dinner with the children at New Hope, and will spend the rest of our evening rehearsing for the second week of our ICEP tour, as we will be moving on to Siem Reap and Battanbang regions from tomorrow.

 

Wat Opot: children’s community. They welcome kids who are HIV positive.

Japan Heart: Medical Facility with pediatric oncology department

CCF Granny Program: supports the elderly in the Steung Meanchey area.

CCF Rice Academy : schooling for children in the Steung Meanchey area; providing free meals for children in the area

CHOICE Cambodia: elementary education in Prey Dong and also provided clean water to the community (the sewage contains arsenic)

Liger Academy: provides competitive highschool education for children from rural areas

AAR Japan: support people with disabilities, wheelchair production and distribution. Promotes integrated classrooms.

New Hope for Cambodian Children: children’s community exclusively for those who are HIV- positive. Support for these children through higher education.

 

Wat Opot.jpg

at Wat Opot / ワット・オポットにて

 

ここ数日を振り返って
五嶋みどり

カンボジアでの活動の4日目を迎えて記すことといえば、同じプノンペンの中に洒落た王宮と廃棄物処理場があったり、メコン川ののどかな川岸と、野蛮な暴力の跡を残すトゥール・スレン虐殺犯罪博物館というような、対照的なスポットが(ごくありきたりに)設定されたように目に入ることです。

私たちは今までプノンペンを拠点としていましたが、その間、ワット・オポット、ジャパンハート医療センター、CCF、チョイス・カンボジア、ライガー・アカデミー、AARジャパン、そしてニュー・ホープ・フォー・カンボジアン・チルドレン、それぞれのパートナーシップによる訪問は素晴らしい経験となりました。そして今日から数日間、首都を後にします。子どもたちの表情には、12年ほど前に私が最後に出会った時の記憶にない晴れやかさ、自信そして落ち着きがあるのです。分かりきったことというものの、同じカンボジアでも、今は2019年。プノンペンの交通は激化しているし、インターネットは私が通常持っているものよりも簡単に利用できます。

今夜、計画されているICEP活動の終了後、私たちは訪問施設のニュー・ホープで(音楽を分かち合うという規定外の行動となる)子どもたちと夕食を共にし、その後は明日移動するシェムリアップとバタンバンを含む地域で演奏するICEP第2週目のために夜のリハーサルをします。

 

ワット・オポット:HIV陽性・陰性を問わずに子どもたちを受け入れる施設。

ジャパンハート:小児腫瘍科のある医療センター。

CCF・グラニー・プログラム:スタン・ミンチェイ地区の高齢者を支援。

CCF・ライス・アカデミー:スタン・ミンチェイ地区の子どもたちに学校教育と食料を無償提供。

チョイス・カンボジア:プレイ・ドンに初等教育と清潔な水を提供(下水にはヒ素が含まれている)。

ライガー・アカデミー:農村地域の子どもたちに質の高い高等教育を提供。

AAR Japan(難民を助ける会):障がい者支援、車いすの生産・配付、インクルーシブ教育の推進を行う。

ニュー・ホープ・フォー・カンボジアン・チルドレン:HIV陽性の子どもたちのための施設。大学や職業訓練校を卒業するまで子どもたちを支援する。