What’s in My Suitcase, and Why Two? / スーツケースの中身は? どうして2個?-五嶋みどり

What’s in My Suitcase, and Why Two?

Blog entry from Midori

 

I usually travel very light. What I need during a concert tour is very limited beyond my concert dress and the violin. A single suitcase that I can check-in is all I bring. However, for ICEP, things are a bit different, of course, because the nature of the trip is not the same from when I am just camping out at a dressing room by the day and commuting to a hotel at night. I have to bring an extra suitcase so that I am always prepared to be in an area where I might not be able to run to a convenience store to pick up stuff. Here is my unusual packing list:

 

Chocolates, chocolates, chocolates! (These aren’t for me but serve as small gifts; my raw sugar intake is extremely low)

Yoga mat—this is for the cellist. Usual endpin holders or the belt may not work. The yoga mat works well as a form of small carpet. I don’t/can’t do yoga.

Cello case—this is a soft cover case when we are going to areas with vehicles that won’t be able to take a larger, hard case.

5 music stands—the 5th is for when one breaks.

Blouses and shirts with the MUSIC SHARING logo for the touring party. This year’s shirts were provided by a Bulgarian company, Hermes Gifts, with the logo embroidered. During our presentations, we always wear these blouses and shirts.

Donation of clothes and such, collected from friends, to bring to some of the institutions we are visiting.

3 rolls of toilet paper, just in case.

Second copies of sheet music for all repertoire for everyone. (We’ve always at least once or twice per tour appreciated this. We are so careful but nonetheless, some body always loses a page or two along the way.)

 

When I return, some of these items would have been passed on and distributed, so I will come back much lighter!

 

IMG_2327

 

スーツケースの中身は? どうして2個?

五嶋みどり

 

私の旅行はいつも身軽です。コンサートツアー中に必要なものは、コンサートドレスとヴァイオリン、あとはほんのわずかです。チェックインできるスーツケース1個で十分。でも、ICEPではちょっと事情が異なります。昼は楽屋、夜はホテル、というものではありませんので、もう1個スーツケースを持っていかないといけません。コンビニに駆け込めない場合を想定して、いつも荷造りをしています。何を詰めるかというと…

 

チョコレート、チョコレート、チョコレート!(自分のためではなく、旅先でのちょっとしたプレゼントです。私はほとんど糖分を摂取しません)

ヨガマット――チェリスト用です。一般的なエンドピンホルダーやベルトでは不十分なときもあります。ヨガマットは小さな敷物のように使えますね。私がヨガをするのではありません(できません)。

チェロケース――柔らかい布のケースです。大きいハードケースでは移動車に載らないこともあります。

譜面台5本――5本目は、壊れたときのための予備です。

ミュージック・シェアリングのロゴが入ったブラウスとシャツ。今年はハーメスギフトというブルガリアの会社から贈られました。ロゴは刺繍です。活動中にみんなで着ます。

寄贈用の衣類など。友人たちから集めたもので、訪問先の施設にプレゼントします。

トイレットペーパー3ロール。もしもの時に備えて。

予備で全曲目の楽譜コピー(毎回、コピーしておいて良かったと思うことが一度か二度はあります。どれほど気をつけても、途中で誰かが1,2ページ失くしてしまうものです)

 

これらは譲ったり配ったりしますから、帰る頃にはとても軽くなっているでしょう!

 

Advertisements