Four In a Day / 1日4回-タチアナ

Four In a Day

Blog Entry by Tanja

We had four presentations today, in three different places, so it was quite tiring today but also truly enriching. This morning we visited a school and performed two presentations back to back to some children who were visually-impaired, and some who weren’t. All were incredibly enthusiastic though, and knew so much about the music we played. I was so impressed with the level of their English; we didn’t even need a translator. They understood and listened intently, and at the end of each presentation, one student would stand up and thank us for coming and playing for them. Some even came back to our warm-up room and played for us a little. Whilst they were playing, I was reminded of what this programme is really about. The mission is not only to share music with those who would not have had exposure to it, but also to interact, communicate, and exchange. That is where the human connection is important. The wonderful thing about music is that there really is no language barrier. Some of those who played, being visually-impaired, were quite remarkable not only in their skill on the violins (having only played for a short time) but also in their resilience and confidence to communicate through their instruments. It is not often that you see even professional musicians that are willing to be so open and vulnerable.

 

We then ventured to what is called a Peace Village. Upon arriving, I saw hospital beds and seniors, and assumed naturally that it was a medical center. We ended up playing for mostly disabled children and staff though. This would be the place that these children lived during the week, and were taken home by parents on the weekends. The community was so warm and open with us, and I couldn’t help but feel touched that such a place existed. This was a place that all ages would reside and peacefully coexist, no matter what the social, physical or financial challenges. The people live simply but happily, and it really makes one wonder whether all the other superficial things in life truly matter.

 

Lastly, we visited an after-school music center for kids aged 7-14. I was absolutely gobsmacked with how patient and well-behaved they all were. They seemed so passionate about the music we played and even sang a Simon and Garfunkel number for us at the end! All in all, a wonderful day. Playing for children in all walks of life, and seeing how they responded to the music; it made me inspired to do more, to see more and to share more. If this is not the goal as an artist, then I don’t know what is.

 

20181221_162854.jpg
Peace Village / 平和村
20181221_095839
at Nguyen Dinh Chieu School / グエン・ディン・チエウ盲学校にて

 

 

1日4回

ターニャ(タチアナ)

今日は3か所で4回の演奏を行いました。くたくたに疲れましたが、とても実りの多い一日でした。午前中は学校を訪れて、そこで演奏を2回しました。視覚障がいを持った子もいれば、そうでない子もいましたが、みんな、夢中になって聴いてくれましたし、私たちの演奏した音楽のことをよく知っていました。子どもたちは英語が本当に上手で、通訳も必要なかったのは驚きです。彼らは私たちの演奏に音楽を感じながら、最後まで集中して聴いてくれました。演奏が終わると一人の生徒が立ち上がって、今日は僕たちのために演奏しに来てくれてありがとう、とお礼を述べてくれました。控室まで来て、少しだけ演奏を披露してくれる子どもたちもいました。その演奏を聴きながら、私はふと、このICEPというプログラムがどういうものかを実感しました。ICEPの目指すところは、音楽に触れる機会の少ない人たちとただ音楽を分かち合うだけでなく、お互いに心を通わせて、お互いから何かを得ることです。そこでは、人と人とのつながりが大切になります。音楽の素晴らしい点は、全く言葉の壁がないことですね。演奏を披露してくれた視覚障がいの子どもたちの中には、ヴァイオリンの演奏技術が高いだけでなく(ほんの少しだけの演奏でしたが)、自分たちは楽器を通して会話できるんだという確信を持っている子もいて、本当に目を見張りました。彼らほど、傷つくことを恐れないで心を開ける演奏者は、プロの中でもなかなかお目にかかれません。

次に訪ねたのは、平和村という施設です。到着すると、病院のベッドやお年寄りの人たちを目にしたので、ここは医療センターだとすぐに分かりました。私たちが演奏を披露したのは、主に障がいを持った子どもたちと職員の方たちです。その施設では、子どもたちが一週間生活をして、週末になると親と一緒に自分の家へ帰ります。みんなが温かく接してくれたので、こういう場所が現実に存在するということに、私は心を動かされました。そこでは、あらゆる年齢の人たちが平穏な共同生活を送っています。社会的、身体的、経済的にどのような困難を抱えていても関係ありません。飾らずに幸せな人生を送っている人たちが実際にいて、私たちの日々の悩みは本当に重要なのかしらと考えさせられます。

最後に、7~14歳の子どもたちを対象にした放課後の音楽スクールを訪問しました。子どもたちがあまりにも我慢強く、お行儀も良いので、本当にびっくりしてしまいました。私たちの演奏に熱心に耳を傾け、最後にはサイモン&ガーファンクルの歌をプレゼントしてくれました。――こうして振り返ってみると、今日は素敵な一日でした。さまざまな境遇の子どもたちのために演奏をして、音楽に対する子どもたちの反応を見れば見るほど、もっと演奏したい、もっと反応を見たい、もっと音楽を分かち合いたい、という気持ちになります。これが芸術家としてのゴールでなくて、いったい何がそうだというのでしょう。

 

Advertisements