Power of Music–by Keiko / 音楽のもつ力について

It is often said that music is a universal language, and this concept tends to become a cliché from a cynical perspective. But after participating in the ICEP Japan 2018 as a tour coordinator, I am now convinced of the power of music. I have witnessed the transformative power of music with my own eyes on countless occasions—in hospitals, children’s homes, elementary schools, institutions for the disabled and juvenile correctional facilities. The inspiration music has brought was apparent through infectious smiles of children, tears in mothers’ eyes and patients’ hands stretched to the musicians.

IMG_0252

It was inspiring to learn that the MUSIC SHARING activities through ICEP have brought positive changes to the facilities we visited. The comment from Dr. Muneshige Tobita, Director of Yonezawa Hospital in Yamagata Prefecture, sums it up:

“MUSIC SHARING activities have brought miracles to our hospital and patients. As you just heard the performance of hand bells, our patients tried their best to practice, hoping to present their performance to Midori with their gratitude. Then some patients’ feet started moving for the first time. I realized how great the power of music could be. Words can’t describe how much we appreciate your activities– they make such positive changes to our patients’ outlook for their lives.”

IMG_1134

Seeing Midori tirelessly sharing her Bach with children, patients, elderly and disabled made me realize that music has indeed potential to heal people. Watching dedicated young musicians giving their best to those who could not attend a concert due to their various circumstances gave me hope that where words fail, music truly speaks. While I might have gotten more questions than answers when I was encountered with people in very challenging conditions and I am still wondering what music could do in the long term, this ICEP experience provided me a direction to take.

IMG_0793

I truly hope that Elina, Benjamin and Stanislas will continue to reach out to people with less access to the arts by sharing their own music, because that is what International Community Engagement Program is all about. But I guess I don’t even need to hope, because I know they will.

 

IMG_1119

音楽は世界共通語であるとよく言われますが、シニカルな見方をするとこれは言い古された考えのように思えます。でもツアーコーディネーターとしてICEP日本2018に参加した後、音楽の力を確信しました。病院で、養護施設で、小学校で、障がい者の施設でそして少年院で、幾度となく音楽がもつ変化をもたらす力を目の当たりにしました。音楽がもたらすインスピレーションは、子ども達の笑顔、お母さま方の涙、音楽家に向かって伸ばされた患者さんの手に現れていました。

ICEPを通したミュージック・シェアリングの活動が、私たちの訪れた施設に好ましい変化をもたらしたと知ることができたのは、勇気づけられることでした。米沢病院の飛田宗重院長先生のお言葉にその様子が見てとれます。
「ミュージック・シェアリングの活動は米沢病院と患者さんに奇跡をもたらしてくれた。
ハンドベルの演奏を聴いていただきましたが、みどりさんに感謝の気持ちを込めてハンドベルの演奏をプレゼントしたいということで、一生懸命練習している間に、動かない足が動くようになったりして、音楽の力というのは偉大だと思いました。皆さんの活動によって、患者さんの人生そのものが前向きになり、私の方で感謝の言葉が見つからないほどです。」

みどりさんが子ども達や患者さん、高齢者や障がいを持つ方々へ休むことなくバッハを演奏する姿を見て、音楽にはやはり人を癒す力があると気がつかされました。献身的な若手音楽家が、様々な理由でコンサートへ足を運べない方々へ全力を尽くしているのを見て、言葉が届かない場でこそ音楽が伝わる、という希望がみえました。非常に厳しい状況におられる人たちに出会うことで答えよりも問いの方が多くなり、長期的には音楽に何ができるかをまだ考えている段階ですが、このICEPの経験は私にこれから取るべき方向を示してくれました。

エリーナ、ベンジャミン、スタニスラスが自分たちの音楽をシェアすることで、芸術に触れることが少ない人たちへ手を差しのべつづけてほしい、と心から願っています。それこそがICEPの真髄なのです。でも願わなくても大丈夫そうです。彼らはきっと続けていくでしょうから。

 

Advertisements