Final Entry from Midori for ICEP Japan 2018

IMG_1427.JPG
ICEP on the move

Final Entry from Midori for ICEP Japan 2018

Now that the ICEP Japan 2018 has ended, the musicians have returned home. I am in between Tokyo and on my way to Lviv, Ukraine.

The tour this year started in Fukuoka where it rained most of the time and ended up the Lobby (Collaboration) Concert in Tokyo last weekend. The two weeks went by extremely quickly.

For the musicians, it was a time of reflection, giving, and receiving. Our visits to the various institutions were inspiring and also provoked some thoughts. There were critical comments and observations we had that were also discussed amongst us. We were privileged to meet many people who truly appreciated and responded to music and also those who may not otherwise ever be touched by the beauty and the humanness of music. There were those who heard the music through sounds, vibrations, touch.

Music has opened doors for the musicians, and we hope to continue to move through these doors, into the new worlds, where we can explore and find open avenues that lead to more doors.

In December, ICEP, with a new group of musicians, will visit Vietnam, followed by the two weeks in June 2019 in Japan.

IMG_1420.JPG IMG_1315.JPG

 ICEP日本2018の活動もすべて終わり、音楽家はそれぞれ家路に着きました。私はアメリカに戻り、次はウクライナのリヴィウへ向かう予定です。

梅雨入りしたばかりの福岡からスタートした今年のツアーも、先週末の東京のロビーコンサートで無事終了。2週間があっと言う間に過ぎていきました。

このツアーは音楽家にとって考えを巡らせ、伝達し、受け取る時間であったと言えるでしょう。様々な施設を訪問し、インスピレーションや刺激を受けました。
また各地を回りながら気づいたことや問題に感じたことなど(例えばバリアフリーについて、など)をメンバーの間でも話し合ったりもしました。私たちの音楽に熱心に耳を傾け反応してくれる多くの人々や、こういう機会がなければ音楽の美しさや人間味に触れてもらうことが難しいような人々にもお会いすることができました。音楽を音で感じる人もいれば、振動や触ることで感じる人もいました。

音楽は音楽家の扉を開け、音楽家はその扉から新しい世界へと進み、さらにその先にある世界へつながる扉に到達することを願っています。

12月には、新しいメンバーでICEPカルテットを組み、ベトナムを訪問することになっています。そして一年後の2019年6月に日本でまたお会いしましょう。

 

Advertisements