Racing Against the Clock–from Benjain / 時計の針に追われて (ベンジャミン)

Racing Against the Clock

Entry by Benjamin from 13 June

We are back at a school this morning.

This morning, I have 3 classes of second graders to visit, 20 minutes each.
When I arrive in front of the children, I never have to force my smile. They are yearning for discoveries, new experiences, and their warmth and happiness are contagious. There is just time for the most brief presentation possible (“my name is Benjamin, I come from France, and I don’t play the violin, but a wonderful instrument called the viola”), and I find myself already playing a Bach or a Reger movement. As soon as I am finished, the children start asking questions; their favorite one is when I started to play the viola, or perhaps why I love music. Then I already receive a sign from a staff that it’s time to go on to the next room, but I ask the kids anyway if they would like to listen another piece. Of course, they do.

It is impossible to express everything I want to communicate in 7 minutes. Even in the time of a normal presentation -45 minutes as a quartet- it is very challenging. We see the individuality of each child as we go to him or her, each shows an eagerness to look at and feel the instrument, or to grab the bow and make (squeaky) sounds. The children are fascinated when I play for them even just a few bars kneeling so close that they could touch me, and they always smile when feeling the instrument’s vibrations through its scroll. I want to take one more minute to share with them…

We are already late for the next presentation.

IMG_0943

IMG_0960

時計の針に追われて
ベンジャミン・ベック 6月13日

今朝はまた学校訪問です。

午前中に、小学2年生のクラス3つを20分ずつ訪問します。

いつものことですが、僕は子どもたちの前に立つと、つい微笑んでしまいます。子どもたちは新しい発見や体験を心から望んでいて、その興奮や喜びが他人にも伝わるのです。僕はできるだけ簡単な自己紹介をして(「僕の名前はベンジャミン、フランス出身です。ヴァイオリンではないけれど、ヴィオラという素敵な楽器を弾きます」)、次の瞬間にはもうバッハやレーガーのソナタから1つの楽章を弾いています。そして、僕が弾き終えると子どもたちはすぐに質問をしてくれます。彼らのお気に入りの質問は「いつからヴィオラを始めたのか」、いや、あるいは「どうして音楽を愛しているのか」かもしれません。そんな質問に答えているうちに、スタッフからはもう次のクラスへ行く時間だと合図されるのですが、僕も子どもたちにこう尋ねます。それはそうともう一曲聴きたくないかい、と。尋ねるまでもないことですね。

とてもじゃないけれど、僕は自分の伝えたいことのすべてを7分間で表現することはできません。カルテットとして45分の演奏時間をもらったとしても、それはやはり難しいことです。僕らは子どもたちに会いに行くたび、彼ら一人ひとりの個性を目の当たりにしていて、楽器を近くで見て触れてみたがる子もいれば、弓を手に取って(キーキーと)音を出したがる子もいます。手の届くくらい近くに膝をついてほんの数小節でも演奏すれば、子どもたちは興味津々、ヴィオラのスクロールに触れて振動を感じると決まって笑顔になります。そして僕は思います、もう1分でもいいから彼らと時間をともにしたいものだと…

もう次の演奏は遅刻です。

 

Advertisements