Back in Tokyo and Keeping My Heart Open–by Elina / 帰京、そして心を開くということについて (エリーナより)

We are now back in Tokyo–the last two days of ICEP Japan 2018…

June 15:

愛光女子学園
Aiko Jyoshi Gakuen (female juvenile correctional facility)

ICEP活動報告コンサート@ヤマハホール
ICEP Reporting Concert @Yahama Hall

 

Keeping My Heart Open
Blog post by Elina

I always thought that string quartet and all the repertoire written for it has certain magic. There is something so unique about the feeling of 4 instruments melting into one with all the harmonies building endless bridges and constructing totally unique universe of colors and images.

It somehow enters the weakest and most fragile spots of my soul and I always feel extremely vulnerable. Not only while performing but also during the work process. We had very intense rehearsals in order to prepare this program–Janacek Kreutzer Sonata, Haydn Emperor Quartet and Mendelssohn op.13. Four personalities gathering together, trying to unravel secrets and thoughts of these geniuses and their masterworks.

For sure, it’s the time that what we have invested in order to shape this program would finally give us the freedom and joy to sincerely feel this music deeply. It’s also the beauty of compromise we made towards each other, that opened another doors to more profound understanding of these monumental works.

We all have our stories that we always carry within us wherever we go.

And this morning, we played for young girls at Aiko Jyoshi Gakuen, a correctional facility for girls. In their eyes and body language, I could feel the heavy burden of their paths and past. Room was filled with energetic field of pain , struggle and loss. But there is always hope. And there is always love and compassion. I want to keep my heart open and never to forget to give as much as I can.

 

IMG_1266 IMG_1278.JPG

 

心を開いて(エリーナより)

カルテットと、カルテットのために書かれた全ての作品には魔法のような力をいつも感じます。4つの楽器が溶け合って一つになり、そのハーモニーが次々に橋を架けて、鮮やかな色彩と映像によるかけがえのない世界を構築する、そんな特別な感覚を感じるのです。それは演奏中だけでなくて練習中でも、なぜか私の心のいちばん弱くて壊れやすい部分に入り込んできて、その度に私は自分がとても傷つきやすい人間だと感じてしまいます。今回のプログラム(ヤナーチェク「クロイツェル・ソナタ」、ハイドン「皇帝」、メンデルスゾーンOp.13)、これらの天才作曲家と彼らの手による名曲に込められた秘密と思いを解き明かそうと4人の個性を集約させ、綿密なリハーサルを重ねてきました。これらのプログラムを私たちなりに形にできた時、確かにこの音楽を心から深く感じ、最終的に自由と喜びを感じることができました。またそれは、私たちカルテットメンバーが歩み寄った結果の結晶でもあり、それが、これら不朽の名曲のさらなる理解へとつながる扉を開いてくれたのです。

私たちには皆、どこへ行こうともいつも心の中に抱えている物語を持っています。

そして今朝、私たちは愛光女子学園という女子矯正施設で女の子たちに向けて演奏をしました。彼女たちの目つきと手振りの中に、彼女たちのこれまでの歩みと過去の重荷を感じ、演奏した部屋には、痛みとあがき、そして喪失のもたらす、エネルギーが満たされていました。しかし、いつだって希望はあります。いつだって愛と思いやりを持つことはできます。私は、自分の心を開いて、できるかぎり多くを与えることを決して忘れないでいたいと思います。

Advertisements