Time for Reflection–by Midori / 想いをめぐらせて (五嶋みどり)

Time for Reflection, blog entry by Midori

The time I spend during the ICEP tour in Japan is always one of reflection. We are now slightly past the midpoint, and we have had an array of experiences that each one of us will all take into ourselves in individual ways.

During the weekend, we had an event to exchange ideas and opinions with music students at the Tokyo University of the Arts (Geidai).

I summarize that beyond the details of what we have each done for outreach or community engagement activities, the critical point made was the recognition of how they have enriched our lives.

My wishes for myself that I gained from the earlier days of having been involved in education, community engagement, or voluntary activities, were fundamental in giving me direction in the life-path. There were countless times when I felt so completely helpless seeing the extreme situations brought forth by natural, political, social, and medical conditions. In this world, there are wars, earthquakes, and typhoons.  There are also human ills of dishonesty, avarice, etc. that we all struggle with within ourselves and encounter in others, which cause, in part, human rights issues, and our inner turmoil. We see to learn that not everyone can access healthy living; some are extremely ill, others may be challenged, physically, developmentally, or psychologically. And yet, I have my faith in human resilience. In these undermining situations, that the people listened and were moved or made curious by the music as I played, are encouragement and inspiration beyond imagination for any aspiring or established musician.

Practicing one’s instrument is extremely important for any musician, as it improves instrumental skills, with which one handles the instrument and gain the ability to express, through sounds, ourselves. Granted, through what we see, hear, smell, taste, and feel–our experiences–we are shaped into who we are.

When I prepare my dinner at home, I need ingredients, which I would cook up, using utensils. I would say that, for a musician, the ingredients are the life experiences; preparing method the technique; and the utensils our teachers, mentors, and guides.

It isn’t possible for me to imagine my life in any other way than what it is, but for what it is, I feel honored, to be able to share, to give, and to receive.

 

想いをめぐらせて

日本で行うICEP期間中にいつもあることに想いを馳せるのです。 

ちょうど日本での活動も折り返し地点を過ぎたところで、この活動を通じて経験した多くのことは、メンバー一人ひとりが時間をかけて自分なりの方法で吸収し、今後の人生の幅を広げる一助となるでしょう。

土曜日には、東京藝術大学の音楽専攻の学生らと意見交換のイベントがありました。アウトリーチやコミュニティー・エンゲージメント活動へのお互いの取組みについて話をしながら、一番重要なポイントとなったのが、これらの活動がどれほど自分達の人生を豊かにしてくれているか、を自覚する、ということでした。

私が後進の指導や、コミュニティー・エンゲージメント活動、ボランティア活動を始めた頃、これらの活動を通じて、どんな人間になりたいか、どういう人生を歩みたいか、という願望が出てきて、そのための方向性が導き出されたように思います。自然、政治、社会、医療などの状況次第で生み出される救いようのない悲惨な状態に底知れぬ無力感を覚えずにはおれなかったことがこれまでに数え切れないほどありました。この世の中には、戦争、地震、台風などの惨事も、不正や欲に端を発する対立や人権にかかわる問題もあります。それだけでなく、病気だったり、身体的に恵まれなかったり、発達障がいがあったり、心の病にかかっていたり、平穏な日々を送ることができない人がいることも確かですが、それでも私は”人間の底力”を信じています。このような環境におかれた人々でも、私の演奏を聴いて、何かしら心を動かされ、関心も持ってくれるという経験は、どんな音楽家にとっても想像以上に刺激的でインスピレーションを感じさせるものです。

楽器を練習することは音楽家にとってとても重要なことです。それによって技術が向上し、楽器を弾きこなせるようになり、表現が可能になります。何を見て、聞いて、どんな匂いがして、どんな味だったか、何を感じたか、そういった経験が音となり、自分というものがうつし出されるのです。

料理に例えるなら、ごはんを作るとき、道具を使って食材を準備しますよね。音楽家にとって食材にあたるものは経験、どういうふうに調理するかがテクニック、先生や師匠や指導者は道具と言えるのではないかと思います。他者と共有することができ、与えることができ、また受け取ることができる。そんな人生を送れていることに感謝しています。

五嶋みどり

 

Advertisements