Two More Days Left in India… –from Midori / インドの旅もあと2日 –五嶋みどりより

P1066637

Site visited on 28 December
Future Hope, Kolkata: http://www.futurehope.net/

28 December – from Midori

We only have two days left now in India. The topic of time is a fascinating one, and it also seems to be very much in the forefront of our consciousness…While time seems very relaxed, it also feels to pass quickly. For one, all of us on ICEP tour can’t believe that we only have two days left in India, and we have been here already 10 days!

With the sounds of classical Indian music still ringing in our ears, we headed off to Future Hope. After the typical “over there” pointing set of directions, we arrived at the site and warmed up in the school kitchen while the kitchen helpers were cleaning, sorting, and cutting vegetables. The children seemed a bit dismayed at the beginning of the presentation, or perhaps it was our imagination and presumption, that they have been called to a formal assembly during a school holiday time, but once we were already midway through our concert, they seemed to be hooked. These children’s ability to comprehend English was quite high, so we did not have translation but tried to speak clearly and slowly, and they were not shy to come forward with questions.

We went straight to the airport to catch a flight to Delhi after the presentation was over, with the customary roadside stop to pick up fresh coconuts to re-hydrate ourselves. There seems to be more roadside coconut stands in Kolkata than up north in Delhi. Regardless, we have always managed to find one, get off the van, besiege the stand, negotiate for the price, pay, get it opened, and drink straight from the nut. I, for example, keep my own straw in my purse  to ensure I can always get a good flow, as not all of the stands have big straws. For those interested in the “meat” part of the coconut, the cap of a water bottle serves as a carver. 1) sanitize the hand and the bottle cap; 2) widen the opening on the coconut; 3) scrape; 4) eat.

Where there is desire, there is a way.

P1066511.jpg
Future Hope
P1066643.jpg
“Say Cheese!”
P1066701.jpg
coconut

 

2017/12/28の訪問先
Future Hope, コルカタ: http://www.futurehope.net/

2017/12/28 – 五嶋みどりより

インドで私達はたった2 日間しか残っていません。時間という話題はとても興味深いもので、また、私達が意識するものでもあります。時間は時にリラックスしたもののようで、又早く過ぎているように感じます。ICEP ツアーメンバーの誰一人として、インドで後2日しかないこと、そして既にここに10日も居たと言うのが信じられません。

インドの古典音楽の音色は未だ私達の耳に残るなか、「フューチャー・ホープ」に向かいました。例の「あちら」→と指差す方向案内にそって学校に着き、食堂でウォームアップをするその間、キッチン ・ヘルパーが、野菜を洗ったり、切ったり、分けたりしていました。子供たちは彼らが学校がお休み中なのに集会の為に集められたのですから、プレゼンテーションの始頃は、不満そうに見えたのですが、それは私達の想像だったのかしら。でもコンサートの中頃には、彼らがとりつかれたようになったのがわかったのです。子供たちの英語力は高かったので、通訳なしで、ゆっくり、はっきりと喋りかけ、彼らも恥ずかしがらず、私達に質問をしました。

プレゼンテー ションの後、デリー便に乗るために空港に直行する途中、今では日課となった道端の生のココナッツ売り場で喉の渇きを潤す為に停まりました。沿道のココナッツスタンドは、北部のデリーよりコルカタのほうが多いようです。何処に限らず、私達はいつもその一つを見つけてバンから降りてスタンドにおしかけ、値切って、支払いをして、その場でオープンしてもらった実からじかに果汁を飲みます。どのスタンドにも太目のストローがあるとは限らないので、私は吸いやすい自分用のストローをかばんに入れています。果肉を食べる場合は、水ボトルのキャップを彫刻家の如くに使います。

1) 手と、ボトルキャップを除菌する。
2) ココナッツの実を広げる。
3) 削る。
4) 食べる。

求めよ、さらば与えられん。

 

 

Advertisements