Again in Kathmandu / 再びカトマンズにて

-From Jeremías

We started off the day by going to the temple known as the “monkey temple”. After a long walk up the stairs we got to the top which was absolutely beautiful. We could have a 360 degree view of Kathmandu and there was a stupa and a  lot of really interesting things to see as well.

After having a great lunch at the hotel, we went to Bhaktapur, to the place where the king used to live. There we saw some amazing architecture; these structures are from the 13th century! Around there we tried King Curd (made with buffalo milk yoghurt) which was really delicious.

Next, we went to play at a public school in Kathmandu. This was a somewhat older audience than our previous performances, they were teenage students, and they were very excited about having us there.

The last place we went was an orphanage from the Gentle Heart Foundation.  This place houses 18 children and women. They were a really awesome audience, and they seemed like such happy people. After performing, they gave us a really delicious dinner. While having dinner, the founder of the house, told us some of the heartbreaking stories of many of the children there, as well as his own story and how it inspired him to do the great work that he is currently doing. I wish all the best for him and his foundation! Giving a home, love, and support to these children that have been through so much is a really noble cause and very much needed here in Nepal. I hope he inspires others to do the same!

 

今日は、まず「モンキーテンプル」として知られる寺院へ向かいました。長い階段を上ると、とても美しい頂上に着きました。そこからはカトマンズを360度一望でき、舎利塔や興味深いものがたくさん見えました。

ホテルでの昼食の後に、かつて王様が住んでいたバクタプルへ行きました。そこで13世紀に構築された素晴らしい建築物を見ることができました!また、キングカード(水牛のミルクから出来たヨーグルト)も食べてみましたが、とても美味しかったです。

次に、カトマンズの公立校で演奏しましたが、僕たちが今まで演奏してきた訪問先の子どもたちよりも、やや年上の10代の学生たちは、私たちが来たことにとても興奮していていました。

最後にジェントル・ハート財団の孤児院を訪れました。18人の子どもたちと女性が住んでいました。彼らは本当に素晴らしい聴衆で、とても幸せそうでした。演奏後には大変美味しい夕食をご馳走してくださいました。夕食の間、この施設の創設者が、彼自身やここにいるたくさんの子どもたちにまつわる胸が張り裂けるような話をして下さり、今ここで行っている素晴らしい仕事にどのように影響を与えたのかを話してくださいました。彼とこの財団の幸運を心から祈ります!たくさんの困難にあっている子どもたちに、家や愛そして支えを与えることは、とても素晴らしい活動であり、ここネパールで本当に必要とされていることです。彼の活動が他の人々にも影響を与えることを願います。

ヘレミアス・セルジャーニ-ヴェラスケス


-From Midori

We are back in Kathmandu. It feels so different to “return” to a big city. We have been in Gorkha, Chitwan, and Lumbini in the last few days, and they were all such new experiences. New sounds, new scents, new views, new perspectives–all will be internalized in the days and months to come.

Yesterday, we were in Bhaktapur at the Basu School and then on to a home for children, which is run by the Gentle Heart Foundation. I was reminded how miraculously fortunate we are again, that the four musicians with completely different backgrounds are able to be here in this particular time with these particular children, to play the music written in the 17th century (or at other times) in faraway countries–to be in the presence of each other all together. We are brought together across cultures, languages, generations, politics, interests…how much more connectedness can one wish for?

Talking about backgrounds–ours (musicians’) in particular, Michael mentioned during one of our presentations that none of us come from countries in which, culturally speaking, western classical music was modus operandi, just three-quarters of a century ago. Think back to what was happening 75 or even 50 years ago in any of our countries or in the rest of the world. Certainly a very different set of circumstances and situations. What might we be doing in the next half a century? That is certainly well during our life time.

By the way, I loved King Curd in Bhaktapur. Buffalo milk is great! I also tried yak cheese. I now want to try everything that contains buffalo milk or yak milk. There used to be buffalo milk yogurt sold by a Vermont creamery, which sadly stopped stocking their products some years ago. How I missed it…

 

カトマンズに帰ってきました。初めてカトマンズを訪問したときと”戻ってきた”ときとでは随分感覚が違います。ここ数日でゴルカ、チトワン、ルンビニを回ったことは、とても新鮮な経験でした。初めて聞こえてくる音、これまでにない匂い、見たことのない景色、新しい見方、それら全ての経験が、時が経つにつれて私達一人ひとりのものとなっていくことでしょう。

昨日は、バクタプルにあるバスースクール(高等学校)を訪問した後、ジェントル・ハート財団によって運営されている児童施設に行きました。全く違うバックグラウンドを持つ我々4人の音楽家が、17世紀(または他の時代)に遠い国々で
書かれた作品を演奏する特別な時間を、ここで生活する子ども達と一緒に過ごせたこと―それら全ての異なる存在が同じ空間にいるという奇跡に近い幸運を感じずにはおれませんでした。私達は文化、言語、世代、行政、利害の垣根を超えて集まっているのです。これほど強い絆は他にあるでしょうか?

バックグランドについて、あるプレゼンテーションでマイケルが話したことですが、私達4人の音楽家が生まれた国々(アルゼンチン、中国、イスラエル、日本)は、75年前には西洋クラシック音楽が文化として一般的ではありませんでした。
75年とまでいかなくても50年前に世界で何が起きていたか振り返ってみてください。環境や状況は大きく変わりましたね。50年先はどうなっているでしょうか?50年後ってそんなに遠い先の話ではないですよね。

ところで、私はバクタプルのキングカード(水牛ミルクからできたヨーグルト)が気に入りました。水牛ミルクも美味しくて、またヤクのチーズもトライし、すっかりはまってしまいました。昔アメリカでもヴァーモントの牧場から出ていた水牛ミルクのヨーグルトが流通していたのですが、何年か前に生産中止となってしまい、どれだけ悲しい思いをしたことか・・・。

 

五嶋みどり

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s