Christmas in Nepal / ネパールで迎えたクリスマス

 

-From Michael

Spending the Holiday season at a foreign country can always be a unique experience. Three years ago on my first ICEP trip I had the unforgettable experience of celebrating Christmas with Christian refugees in Myitkyina, Myanmar and this Christmas in Nepal was equally special.

Late on Christmas Eve we arrived in Lumbini – the birthplace of the Buddha. It is believed that Gautama Buddha’s mother, princess Mayadevi, traveled from her palace to her father’s kingdom but unexpectedly stopped in the garden at Lumbini where she gave birth to her son. Since being rediscovered in 1896, the sacred garden has been a site of pilgrimage for thousands of Buddhist believers from all over the world.

We started the day however playing at a Christian boarding school. It was both surprising and encouraging to find a Christian community so close to one of the holiest sites for Buddhists. We joined the Christmas celebrations by playing selections from our regular program as well as several Christmas carols. Even though most of them didn’t know the words for the carols, they were still familiar with the tunes and were very appreciative of our performance.

From there we set towards the holy sites in Lumbini. I was surprised by the relative modesty and lack of extravagance displayed throughout the complex. Mere photos can hardly do justice to this place. The most striking thing was seeing hundreds of Buddhist monks from various countries wearing different shades of red, orange, and yellow. Entire families of pilgrims put on colorful traditional attires which showed just how many different cultures can be brought together through a single shared belief. The main boulevard of the complex is surrounded by monasteries built by different countries to provide rest for their pilgrims. Each monastery was built in its country’s unique architectural style and only added to the feeling of universal solidarity.

We gave a short performance at the main plaza in front of a statue of the baby Buddha. Monks and pilgrims gathered around us as we played music by Mozart, Dvorak, and Tchaikovsky for possibly the first time in Lumbini. We were approached by many who wanted to take photos with us and thank us for “showing great love to Nepal and the Nepali people.” It was certainly a meaningful experience to celebrate the birth of Christ in the place where many celebrate the birth of Buddha, and to show once again that music has the unique power to bring together people from different places, cultures, and religions.

 

ホリデーシーズン中に海外で過ごすと、いつも変わった経験ができます。初めてICEPのツアーに参加した三年前、ミャンマーのミッチーナで難民のキリスト教徒の人々とクリスマスのお祝いをしたことは忘れられない経験でしたが、今回のネパールでのクリスマスも同じくらい特別なものとなりました。

クリスマスイブの夜遅くにブッダの生地であるルンビニに到着しました。ゴータマ・ブッダの母であるマヤデビ姫が里帰りの途中に、ルンビニの庭園を不意に立ち寄り息子を出産したと言われています。1896年に再発見されて以来、この神聖な庭は世界中から何千万もの仏教徒の巡礼地となっています。

しかしながら、今日はキリスト教の全寮制学校での演奏からスタートしました。仏教徒にとって最も神聖な場所のひとつであるこの場所の近くにキリスト教のコミュニティーがあることは驚きの発見でした。通常のプログラムの曲目に加え幾つかのクリスマスキャロルを演奏して、クリスマスのお祝いに参加しました。彼らのほとんどが歌詞を知らないにもかかわらずメロディーに親しんでいて、私たちの演奏を喜んでくれました。

そこからルンビニの聖地へと向かいました。この場所を写真では単に表すことができませんが全体的に控えめで質素な様子であることに驚きました。またとても印象的だったのは、様々な国の何百人もの仏教僧が赤やオレンジ、黄色などの異なる衣装を身につけていることでした。巡礼者の一団がカラフルな民族衣装を身に着けているのですが、これは同じ一つの信仰において、たくさんの異なる文化が集まっていることを示していました。この聖域の大通りは、巡礼者たちに宿泊所を提供するため、様々な国の僧院に囲まれています。各僧院は、各国の独特な建築様式によって建てられ、それらは全世界が結束したような雰囲気が感じられます。

広場にあるブッダの赤ん坊の像の前で短い演奏をしましたが、私たちの周りに僧や巡礼者たちが集まりました。おそらくルンビニで初めて、モーツァルト、ドヴォルザーク、チャイコフスキーの曲を演奏したのではないかと思います。

私たちと写真を撮りたがる人たちが近づいてきて、「ネパールとネパールの人々に偉大なる愛を示したこと」に対して、感謝されました。多くの人々がブッダの誕生を祝うこの場所でキリストの誕生を祝えたこと、そして、音楽が、国や文化や宗教が異なる人々を一つにする力を持っていることを再認識できた有意義な経験でした。

マイケル・カッツ


-From Benedict

My first Christmas holidays away from home. Which is quite an abstract thought, because nothing could be more far away than a dressed up tree by the fireside, and thick pullovers on a cold winter’s day. Nevertheless our quartet performed Christmas carols today at a Christian boarding school in Lumbini, birthplace of the buddha, in t-shirts and bright sunlight.

Speaking about the quartet – they are all such excellent musicians, I never get tired of hearing (and filming) them play the same music over and over again. Do our audiences here even appreciate, since it is mostly their first contact with western classical music? Maybe it just doesn’t matter. It is kind of a relief not to overhear the typical concert-break talk about interpretation and idolization. But then again, of course it does matter! We are constantly meeting people who, in their generosity as hosts, offer us the best they have – and so should we.

家族と離れて過ごす初めてのクリスマス休暇はクリスマスらしからぬものでした。なぜなら、寒い冬に着る厚いコートや暖炉の側に飾られたクリスマスツリーからは最もかけ離れていたからです。今日はブッダの聖地であるルンビニのキリスト教の全寮制学校でクリスマスキャロルをカルテットは演奏しましたが、メンバーは明るい太陽の下、Tシャツ姿でした。

カルテットは、皆とても素晴らしい演奏家で、彼らが演奏するのを何度も聴いたり(撮影したり)していますが、飽きることなど一度としてありません。聴衆はもちろん楽しんで鑑賞しています。それは西洋のクラシック音楽に触れるのがほぼ初めてだったからしょうか? そうではないかもしれません。クラシック・コンサートの休憩時間によく耳にする曲や演奏の解釈や賞賛の声は当然ながら聞こえませんが、地元の人々はホストとして寛大に、彼らが持っている最高のものを私たちに差し出してくれています。そして私たちもそれに応えるべくベストを尽くさねばならないのです。

ベネディクト・シュルテ

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s