Arriving in Kathmandu / カトマンズに到着

– From Chad Cannon

Hello everybody, this is Chad Cannon, the ICEP 2016 Nepal Tour Coordinator! I am thrilled to be participating in yet another ICEP tour, this time in beautiful Nepal. I had the privilege of coming here in November to prepare for Midori’s visit, and am so excited for performances to start tomorrow! Today upon my arrival from Guangzhou to Kathmandu, I went and did one last preview visit to a school in Kathmandu called the Nepal Model School. The students were kind to me, and they seemed very happy to learn that next Tuesday, December 27, we will give two concerts at their school. Most of the children in Nepal have never seen a violin or viola (they only vaguely understand what it is if you say, “It’s like a sarangi, or a guitar!”), and almost nobody will have seen a cello before Michael Katz arrives with his (I tried to explain by saying “It’s like a really big guitar!”).

This time we will visit many fantastic schools, hospitals, and children’s homes in six cities: Bhaktapur, Kathmandu, Pokhara, Gorkha, Bharatpur/Chitwan, and Lumbini. We made these location choices in consultation with the United Nations offices in Kathmandu (who have been so supportive and wonderful to work with). While we cannot visit every single ethnic group or village in Nepal (that would take a hundred years!), I think our program includes quite a broad cross-section of Nepal, both in terms of geography and in cultural variety, and I hope that our readers can get a sense of the incredible diversity and beauty of this country and its people. Enjoy!

皆さん、こんにちは。

2016年ICEPネパールコーディネーターのチャド・キャノンです。これまでに他のICEPツアーに参加していますが、美しいネパールの訪問にわくわくしています。ICEPメンバーの訪問の下見で11月にネパールを訪れていますが、明日から始まるツアーがとても楽しみです。

今日は中国の広州からカトマンズに到着し、ネパールのモデルスクールという学校に、最後の打ち合わせのために訪れました。生徒達は親切で、私たちがこの学校で12月27日に2回コンサートを行うことを知ると、とても喜んでいました。ネパールのほとんどの子どもたちはヴァイオリンやヴィオラを見たことがなく、「サーランギ (インド、ネパールで見られる擦弦楽器)やギターのようなものだよ」と言うと、なんとなくわかったようでした。またほとんどの人は、マイケルが訪問するときに初めてチェロを見ることになるでしょう。(「とっても大きなギターのようなものだよ」と説明しましたが)

今回、私達は6つの都市バクタプル、カトマンズ、ポカラ、ゴルカ、バラトプル(チトワン)、ルンビニの学校、病院、そして児童施設など多くの素晴らしい場所を訪れます。カトマンズの国連機関には今回のツアーの訪問先を相談するなど、多大なるご協力をいただいています。

ネパールの全ての民族や村を訪れることは出来ませんが(それをするには100年以上かかるでしょう!)、地理的また文化的にもネパールの様々な地域を訪問するので、このブログを読んでネパールという国そして人々の豊かな多様性と美しさを感じてほしいと思っています。

楽しんでくださいね!

チャド・キャノン(コーディネーター)


– From Benedikt Schulte:

As it is my turn to write for our blog on my day of arrival in Nepal, I’m writing now on the plane approaching Kathmandu, the snow capped top of the world seemingly within reach. I’m going to film the activities of Midori and the three young musicians Michael, Jeremias and Wenhong, who I can’t wait to finally meet. Filming in Nepal is like a dream come true for every videographer, so I’m really looking forward. (As the saying goes, do what you love, and you’ll never have to go to work.) What will the next ten days be like?

Although Nepal was struck by a devastating earthquake last year, the catastrophe quickly seemed to be forgotten in the west – maybe not newsworthy enough. But still, in the Kathmandu valley there remains a lot of damage unrepaired, many families just don’t have the resources to rebuild their shattered homes, there are schools without a roof.

How can Music Sharing possibly help? Is listening to a live Mozart performance really what these people need right now, being short of electricity and water? I’m thinking of my girlfriend’s grandfather, who was a clarinetist with the Munich Philharmonics. Shortly after World War II, when Germany lay in ashes due to its self-inflicted downfall, the Philharmonics played their first concert after the war. There was no concert building, so the musicians played in the cold winter air, with coats and gloves. There was no money either, so the “admission fee” for the freezing audience was a brick of coal, or whatever they were able to give. You might think that the people had other things to worry about, but the concert was sold out. So strong was the desire for a bit of culture and musical consolation after years of barbarism, that the people virtually gave everything they had to hear the philharmonics play.

So maybe there’s something to music just as strong and important as the basic needs of pure survival – the desire for a universal language, and the feeling of being part of the human community by sharing cultural experiences. I’m proud to be witnessing this experience.

ネパールの到着日がブログの担当なので、カトマンズへ向かう飛行機の中で書いています。窓の外では手の届きそうな世界のてっぺんがすっぽりと雪に覆われています。これからみどりと他の3名の若い音楽家、マイケル、ヘレミアス、ウェンホン達の活動を撮影しますが、やっと彼らに会えるのでとても嬉しいです。
ネパールでの撮影はすべての映像監督にとって夢であり、私も楽しみでなりません。(「大好きなことを仕事にしていれば、働くということにはらないだろう」ということです)これからの10日間はどんな日々になるのでしょう?

昨年ネパールは破壊的な大地震に襲われましたが、欧米ではこの大惨事を忘れたかのように、ニュースでは報道されていません。しかしカトマンズの山の谷間では、未だ修復されていない多くの被害が残っています。たくさんの家族が崩れ落ちた家を再建するだけのお金もなく、屋根のない学校もあります。

ミュージック・シェアリングは何ができるのでしょうか?電気や水が不足しているのに、モーツァルトの音楽の生演奏を聴くことが、住民にとって、今必要としていることなのでしょうか?
ミュンヘン管弦楽団のクラリネット奏者をしていた私のガールフレンドの祖父の話を思い出しました。第二次世界大戦の敗北後、ドイツが瓦礫に覆われていた頃、この管弦楽団は戦後初のコンサートを開いたそうです。コンサート会場もなく、冬の冷たい空気の中で音楽家はコートを着て手袋をはめて演奏をしたそうです。お金もない時だったので、凍えた聴衆の「入場料」は石炭のかけらなどあげられるものなら何でもでした。人々は不安な気持ちでいっぱいな時期だったと思いますが、コンサートチケットは売り切れました。非情で暴力的な時代の後に、人々はわずかな文化と音楽の癒しを求める気持ちがとても強くなり、すべてのものに代えても管弦楽団の演奏を聴く必要があったのです。

おそらく、生きていくための基本的欲求と同じくらい、音楽には強力で大切な何かがあるのです。―世界共通言語への願望や文化経験を共有することによって感じる人間社会の一員であることなど。
今回のツアーに参加できることを誇らしく思います。

ベネディクト・シュルテ(ビデオグラファー)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s